滋賀県管内全図
西明寺境内見取図
神崎郡山上村役場簿書蔵置所
県庁周辺図(園城寺并付属地境内図)
滋賀県史(府県史料)
県名改称の布告

展示期間 令和元年7月29日(月)~令和元年10月24日(木)

 平成31年(2019)4月26日、第16代滋賀県知事を務めた堀田義次郎ゆかりの資料52点を、親族の堀田清子様・綾様より本県にご寄贈いただきました。平成20年に開室して以来、当室が私文書の寄贈を受けるのは初めてのことです。

 寄贈文書の中心を占めるのは、大正11年(1922)4月にイギリス王太子エドワード(エドワード8世)が来県した際の書簡や写真、記念品などです。エドワード8世は、アメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚するために、イギリス史上最短の在位325日間で退位を決断したという「王冠を賭けた恋」の逸話で広く知られた人物です。まだウォリスと交際する以前の青年エドワードは、裕仁親王(昭和天皇)訪英の返礼として訪日し、琵琶湖遊覧の際に堀田知事のもてなしを受けました。

 今回の展示では、このたび寄贈いただいた「堀田義次郎関係文書」を中心に、本県を訪れた外国貴賓の応接に関わる資料をご紹介します。エドワード8世をはじめ、アメリカ大統領を務めたグラントやロシア皇太子ニコライ(ニコライ2世)、満州国皇帝溥儀など、世界史を彩る要人たちを、本県はいかにもてなそうとしたのでしょうか。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を控える現在、本県の来賓おもてなしの原点をたどります。

外国貴紳接待掛の設置 大津事件の発生 英国王太子の琵琶湖遊覧
エドワードと富士山 第16代知事堀田義次郎 満州国皇帝の奉送迎
展示図録    

 

公文書館の紹介
2021年 (令和3年)
4月20日(火)
月~金 9:00~17:00
祝日・年末年始は休館