滋賀県管内全図
西明寺境内見取図
神崎郡山上村役場簿書蔵置所
県庁周辺図(園城寺并付属地境内図)
滋賀県史(府県史料)
県名改称の布告

滋賀県立公文書館の公式ホームページです。

県民共有の知的資源として歴史公文書等を県民等の利用に供するとともに、未来へ伝える役割を果たすために、様々な業務を行っています。

(9)「判任履歴表」 明治8年(1875)10月

 簿書専務の事務は多岐にわたり、官員履歴の編製もその1つでした。彼らがまとめた履歴のなかで、最も古いものが本資料です。「従いの部至つの部」(い~つ)、「従なの部至あの部」(な~あ)、「従さの部至すの部」(さ~す)の3分冊があり、明治8年までに出仕した判任官(下級官吏)の履歴が綴られています。簿冊の冒頭には、明治5年8月に太政官が定めた雛形にもとづき、官員の苗字1文字がいろは順に並んだ目次が付されました。【明え133(1)】

 

(10)「滋賀県印譜」 明治8年(1875)5月

 「印鑑」(公印)の管理も、簿書専務の担当でした。本資料は、明治8年5月~同27年10月の印鑑管理簿です。印字には「滋賀県権参事酒井明」など、「官職名+人名」が記載されており、職名のみの現在の公印との違いが見て取れます。県令や参事などの奏任官(高等官)だけでなく、少属や十五等出仕などの判任官(下級官吏)にも氏名入りの印があったようです。警察署や裁判所、各課の印なども所収されています。【明お41-1(1)】

 

(11) 「滋賀県日誌」 明治10年(1877)

 本資料は、簿書専務が編集した県庁の公的記録です。「日誌」という資料名から想像される通り、日々の出来事も記載されていますが、内容の大半を占めるのは、その日発布された布達書・達書の写しです。布達書が綴られた「布達編冊」が文書の宛先ごと(文書記号「甲」「乙」等)に分類されているのに対して、本資料は全ての文書が時系列順に並べられています。当時の県官員たちは、過去に発布された文書を探す際、性格の異なる2つの資料を活用していたようです。【資1】

 

(12)「諸課各専務及人民え達簿」  明治5年(1872)

 簿書専務の文書事務は、各課が作成した布達書の確認(「勘署」)にとどまらず、官省・府県との往復文書の一部や、庁内向けの達書の文案作成にも関わっていました。これらの文書には、「文案県令自作」と記されたものもありますが、その多くは参事または権参事(いずれも奏任官)の印か、それに加えて簿書専務の印が押されています。往復文書や達書の文案作成者は、重要度に応じて①県令、②参事・権参事、③簿書専務の3パターンがあったことが分かります。【明い33】

公文書館の紹介
2020年 (令和2年)
7月15日(水)
月~金 9:00~17:00
祝日・年末年始は休館