滋賀県管内全図
西明寺境内見取図
神崎郡山上村役場簿書蔵置所
県庁周辺図(園城寺并付属地境内図)
滋賀県史(府県史料)
県名改称の布告

滋賀県立公文書館の公式ホームページです。

県民共有の知的資源として歴史公文書等を県民等の利用に供するとともに、未来へ伝える役割を果たすために、様々な業務を行っています。

(21)「郡役所文書往復編纂保存規程準則」 大正9年(1920)12月4日

 県庁で進められた「類別整理」は、郡や町村でも導入されました。本資料は県が制定した郡役所の新たな文書規程で、1つの事件が完結した際は「一件書類」を取りまとめ、書類の右肩欄外に、部門(係)名、類別番号、保存種別(保存年限の種類)を記入することが定められています。保存種別は、県と同様に永年・10年・3年の3種に分けられましたが、文書類別は事務の増減にともなって変動することから、適宜独自に設定するよう指示されています。【大あ45(79)】

 

(22)「町村役場文書整理之栞」 大正13年(1924)9月

 大正10年9月より県は、近年町村の調査報告が遅延しているのは、文書整理に問題があるとして、郡役所に度々その改善を命じています。翌11年8月には「町村文書取扱順序」を制定し、郡役所の指導で町村役場の整理状況は、漸次改善に向かったようです。郡ごとに町村文書分類表が作成され、「類別整理」の観点が導入されました。本栞はさらに役場の全員に、文書整理は「事務ノ基礎」をなすことを自覚させるため、各町村に配布されたものです。【明い254-2(7)】

 

(23) 「文書整理ニ関スル件報告」 大正13年(1924)11月15日

 県が内閣書記官に提出した文書整理の報告書です。国立公文書館にも、提出書類が保存されていますが、ある1つの県の文書整理に関する簿冊は、滋賀県のみのようです。明治末以来の県・郡・町村における文書整理の実績を、自ら「見ルベキモノアリ」と評価しており、自信のほどをうかがうことができます。添付資料として、文書規程や文書庫の写真(滋賀県庁、神崎郡役所、蒲生郡八幡町役場)も併せて送られ、主任官の視察を希望しています。【大こ29(22)】

 

(24)「保存文書整理完成シタル県下ノ町村役場簿冊蔵置所」 大正期

 文書整理を完了した県内町村役場の文書庫の写真帳。内閣書記官に展示資料㉓と併せて提出した「蒲生郡八幡町役場」の写真は含まれていませんが、「神崎郡山上村」「東浅井郡小谷村」の写真は、同時期に内務省に提出されたものです。保存文書は、町村によって、棚に並べる方法(宮村)と箱に収める方法(秦川村、小谷村)の2種類があったことがわかります。いずれの場合も「棚第〇号」「函第〇号」のように、文書の保存場所がわかるよう工夫がなされています。【資609】

 

(25)「公文書管理条例案の回議書」 平成31年(2019)1月11日

 滋賀県公文書等の管理に関する条例案の議案を、県議会2月定例会議に提出してよいかを伺う回議書。県民情報室の主任主事が起案し、知事が決裁しています。同条例は平成31年3月22日、滋賀県条例第4条として公布されました。(滋賀県蔵)

 

(26)「滋賀県庁簿冊庫の写真」 大正13年(1924)11月15日

 資料23で県が内閣書記官に提出した文書庫の写真。主務課(勧業・地方)や係(学事係)、保存期限(第1種・第2種)ごとに文書が整然と並べられています。(国立公文書館蔵)

公文書館の紹介
2020年 (令和2年)
7月15日(水)
月~金 9:00~17:00
祝日・年末年始は休館